西武の外崎修汰内野手(27)が30日、メットライフドームでの自主練習を公開した。キャッチボールやノックなど軽めのメニュー。「(当初の開幕日の)3月20日にコンディションを合わせてきたけど、今は打撃の調子を落とさないようにやっている。決められた時間の中でやれることをしっかりやりたい」と前を向いた。

 開幕日や試合数も未定だが、目標はぶれていない。こだわりは盗塁数。「目標は昨年と同じ30個」。昨季も同じ数字を挙げ、22個に終わっただけに今年こそと鼻息は荒い。チームの地元埼玉県所沢市の社会福祉協議会が設置した「所沢市こども未来基金」に昨年から1盗塁につき1万円を寄付しており、子ど...    
<記事全文を読む>