日本ハムの栗山監督が27日、オンライン会見を行った。前日の26日に59歳の誕生日を迎え、年を重ねるたびに「誰かのためにならなくては、という思いが強くなっている」と語った。

 2012年からチームの指揮を執る栗山監督は「大事な50代の間、ずっとユニホームを着させてもらっている責任がある」と話す。

...    
<記事全文を読む>