全国高校総体の史上初の中止決定は他の大会にも影響を及ぼしそうだ。関係者は状況の変化を注視し、対応に備えている。

 夏の甲子園代表を決める地方大会で全国いち早く開幕する沖縄大会(6月20日開幕)について、県高校野球連盟の中村健理事長は「現状では予定通り開催する方向で準備している」と述べたが、高校総体の中止決定の「影響は大きい」とも語った。

 5月20日には日本高野連が夏の甲子園の開催可否について対応を協議する方針で、その結果によっては沖縄大会も「変更する可能性もある」と説明した。

 県立学校が5月6日まで休校...    
<記事全文を読む>