全国高校総体の中止が決まったことを受け、秋田県高野連の久米信彦理事長は夏の高校野球について「状況によって判断が変わってくる。現段階では何とも言いようがない」と述べた。

 数日前に日本高野連から地方大会実施における懸念事項などについて、アンケートが届いたという。「日本高野連もさまざまな検討材料を見極めているところだと察する。(甲子園大会の開催は)難しい決断になるだろう」と話した。

...    
<記事全文を読む>