東北楽天は三木新監督の下、「考える野球」が浸透しつつある。各球団の試合数が異なるため単純比較できないものの、オープン戦でチームの四球数、出塁率、盗塁企図数はリーグトップ。昨季の反省材料だった「拙攻」に改善の傾向がうかがえる。
 オープン戦の四球数は62でリーグ2位日本ハムの48に大差をつけた。それに伴い、出塁率も3割6分と高かった。
 三木監督は常々「ヒットで出るのも四球で出るのも同じ」と語り、選手の意識改革を図る。山崎幹の言葉が象徴的だ。2安打2四球と活躍した3月4日のDeNA戦(静岡)後、「ヒットより2四球の方がうれしい。(チャンスメーカーとしての)役割をアピー...    
<記事全文を読む>