本紙評論家の深掘り企画「推しメンチェック」第3弾は、2018年のドラフト会議で2位指名入団した花咲徳栄高出身の野村佑希内野手(19)。清宮幸太郎内野手(20)と共に将来を期待される右のスラッガー。稲田直人さん(40)は天性の技術があると、分析した。

 どちらかと言えば、万波選手や今井選手よりもおとなしく、淡々と自分のことをやる印象。1年目はけがもあり、プレーできない時期もありました。まだ10の力のうち、3ぐらいしか出せていないように見えます。

 3月には西武との練習試合で、高橋光投手からホームランを打ちました。真っすぐに力負けせず、左中間に「バコーン」です。しか...    
<記事全文を読む>