東北楽天の三木監督は23日、報道陣からの質問に広報を通じて回答した。新型コロナウイルスの感染拡大でチームの活動休止が長引く中、選手に向けた色紙には、サインとともに「『今』を大切に」と記した。
 3月30日の活動休止後は、自宅で試合の映像を見返すなどして過ごしている。選手と直接コミュニケーションを取る機会がないだけに「自主トレーニングやキャンプでつくってきた体と心のバランスは気になる。プロとして、一人の社会人として信頼はしているが、特にメンタル面が気になる」と精神面の影響を案ずる。
 球団施設が使えずコンディション維持にも苦労する選手たちへ「この状況だからこそ学べるこ...    
<記事全文を読む>