解体工事中の旧中日ビル(名古屋市中区栄四)の仮囲いに、中日ドラゴンズの選手たちの雄姿を紹介する大型パネルがお目見えした。新型コロナウイルス感染拡大で外出自粛ムードが高まる中、街角を明るく盛り上げている。

 パネルは縦二・五メートル、横二十メートルで、名古屋市に拠点があるスポーツチームや同市でつくる協議会「でらスポ名古屋」が、球団の協力を得て設置した。大野雄大投手や大島洋平選手ら主力選手が登場しており、竜のシルエットに選手らの姿が合わさったデザインの合成写真が目を引く。

 マスク姿のドアラが「手洗い、うがい、気合い」と書かれたスケッチブックを持つイラストも。掲示は...    
<記事全文を読む>