横浜DeNAの乙坂智外野手(26)は打撃向上へ、自宅でもバットを振り込んでいる。22日は横浜スタジアムで自主練習を行い、「(開幕白紙も)モチベーションが下がることはない。スキルアップできる時間が増えた」と球団広報を通して前向きにコメント。オープン戦の好感触を忘れないように質の高いトレーニングを続けている。

 チーム練習ができない中、自身は新たな鍛錬に取り組んでいる。素振り用に畳を購入し「はだしでバットを振ることで感覚を確かめている」。王貞治さんや松井秀喜さんらも取り入れた練習法が日課になった。

 昨季はキャリアハイの97試合に出場して2割4分5厘。オフの自主トレ...    
<記事全文を読む>