日本ハムの栗山監督が20日、オンライン会見を行った。新型コロナウイルスの感染拡大で交流戦が中止となり、セ、パ両リーグの公式戦開幕の目安が6月以降になったことについて、「(開幕は)もともと交流戦明けのイメージを持っていた。ファンには申し訳ないが、いかに我慢してウイルスを抑え切れるかが大切」と理解を求めた。

 4月30日までとしていた選手の自主練習期間も5月6日まで延長された。「ピンチはチャンス。(選手たちは)ここで何とかしなきゃと思ってやってくれているはず。そこは信じるしかない」と話した。

 高校野球では春季全道大会と各支部大会、陸上では全道高校大会が中止となるな...    
<記事全文を読む>