西武の辻発彦監督(61)が20日、改めて選手たちへの厚い信頼を示した。

 球団は水曜を除く平日の週4日間は球団施設を開放して自主練習を実施。指揮官は報道などを通して練習内容などを把握しているという。「まだ開幕までは時間があるから。今はどうしても実戦を積むことができない。だからこそちゃんと動けるようにしていてほしいね。しっかりと実戦に入れるように、ちゃんと打てる、ちゃんと投げられる、そんな状態であってほしい」と求めながらも「(選手たちは)ちゃんとやっていると思うよ。頑張っていると思う。信頼をしているから」と強調した。

 監督自身はいつも以上に体に気を使っているとい...    
<記事全文を読む>