「野球ができることに感謝」。福田秀平外野手が心に刻んでいる言葉だ。それは小さい頃に父・徹さんから言われ続けてきた事である。

 「やりたくてもできない人はたくさんいる。好きな野球ができることに感謝しなさいと小さい時から教えられてきた」

 父・徹さんは大学途中まで野球をプレーしており、三塁や外野を守っていた。そんな父の影響を受けて福田秀も物心ついた時から野球を始めた。今でも思い出されるのは多摩大聖ケ丘高校1年夏に野球をやめたいと父に相談をした時の事だ。

 「その頃はプロなんて全然、思い描いていない頃。一般入試で高校に入って、自分よりもうまい人がたくさんい...    
<記事全文を読む>