14年ぶりに西武に復帰した松坂大輔投手(39)の伝説のピッチングがよみがえる。1982年から「文化放送ライオンズナイター」でラジオ中継を続ける文化放送が21、22日、松坂が活躍した2試合をヒーローインタビューを含めて、当時の中継をほぼ完全再現する。放送地域ではない九州などでもパソコンやスマートフォンでラジオが聴けるサービスradiko(ラジコ)で聴くことが可能だ。

 21日の放送は1999年4月7日の日本ハム戦(東京ドーム)。甲子園を沸かせた「平成の怪物」のプロデビュー戦は大きな注目を集めた。片岡篤史から155キロの内角高め直球で空振り三振を奪ったシーンはあまりに有名。8回...    
<記事全文を読む>