新型コロナウイルスに感染した日本ハム前監督の梨田昌孝さん(66)が17日、入院中の大阪府内の病院で集中治療室(ICU)から一般病棟に移ったことを受け、日本ハムの選手は「安心」「ほっとした」などと胸をなで下ろした。

 梨田さんは2008~11年に日本ハム監督で、09年に1軍デビューした中田は「球場で声をかけてくれたり、いろんなアドバイスをもらっていたので、本当に心配だった。すぐに元気になると思う」と話した。

...    
<記事全文を読む>