日本ハムの栗山監督が16日、オンライン会見を行った。台湾プロ野球が無観客で一足先に開幕したことについて「もちろん開幕は待ち遠しいが、(日本の)野球は社会のもの。ファンの皆さんが喜べる状況にならなければいけない」と、新型コロナウイルス感染拡大の早期終息を願った。

 学生や社会人野球も活動が制限されているため、今秋のドラフト会議に向けた情報収集が難しい。「試合を見られない状況で、どういう情報を送ってくるのか。うちのスカウトを信じている」。日本ハム前監督の梨田昌孝氏や日本ハムと阪神で活躍した片岡篤史氏が新型コロナウイルスに感染したことに「必ず元気に帰ってきてくれると信じている」と...    
<記事全文を読む>