いつもの場所で思いっきり腕を振った。14日のメットライフドーム三塁側ブルペン。シーズンでも出番前に肩をつくる「定位置」で西武の平井克典投手(28)が森友哉捕手(24)を相手に投げ込んだ。15分ほどで約50球。全球種を試した。「シーズン中と変わらないぐらいの投げ込み。自分の感覚を確かめるためにも全球種を投げた」。自主練習では初のブルペン入りを振り返った。

 昨季パ・リーグ新記録の81試合登板を樹立した「令和の鉄腕」は、開幕延期を前向きに捉えた。「野球ができない、とマイナスになることはない。自分を見つめながら練習をできる貴重な時間と考えている」。シーズンが始まれば、回またぎに連...    
<記事全文を読む>