プロ野球北海道日本ハムが北広島市内に建設するボールパーク(BP)と市道を結ぶ道道のアクセス道路について、河川をまたぐ4カ所の橋のうち3カ所を最大8分の1に短縮する案が浮上している。経費縮減や工期の短縮が可能になる一方で、河川敷の埋め立て面積が増えるとみられる。自然保護団体などは14日、道に再検討を求める質問書を提出した。

 道道のアクセス道路はBPと、札幌方面の市道大曲椴山線を結ぶ約2・8キロ。総事業費63億円で本年度中に着工する見通し。2023年開業予定のBP周辺道路の混雑緩和が目的で、橋を4カ所建設する。国道274号とを結ぶアクセス道路は、北広島市が整備する方向で検討し...    
<記事全文を読む>