政府の緊急事態宣言を受け、対象地域の埼玉県を本拠地とする西武が7日、当面の活動方針を発表した。引き続きチーム活動を休止。自主練習とした上で、水、土、日曜は自宅待機と決めた。

 自主練習に関しては、感染拡大防止の観点から午前と午後の2班に分け、メットライフドームとライオンズトレーニングセンターを開放する。

...    
<記事全文を読む>