広島の新人の石原貴が「打てる捕手」を目指して奮闘している。2月の春季キャンプは1軍に帯同したが、終了後に2軍へ降格。「チームには打撃が良い捕手ばかり。打てないと同じ土俵には上がれない」と、ひたむきにバットを振っている。

...    
<記事全文を読む>