日本野球機構(NPB)の理事会と12球団による実行委員会が6日、東京都内で開かれ、感染拡大による大幅な開幕延期を受け、フリーエージェント(FA)の権利獲得などについて特例措置を検討することを決めた。常設の協約・ドラフト改定委員会で協議し、5月の実行委で取りまとめる。

 FA権を得るには、1軍に145日以上出場選手登録されたシーズンを1年として計算し、7~9年に達する必要がある。今季はレギュラーシーズン全143試合の消化が難しい状況のため、必要な登録日数の短縮を認める可能性が出てきた。また、トレードなどでの新規選手獲得期限を7月31日から延ばす考えもあるという。

...    
<記事全文を読む>