中国六大学野球春季リーグ第1週最終日は5日、倉敷市のマスカットスタジアムで2回戦2試合が行われ、岡山勢は昨季4位の吉備国大が同2位の徳山大を7―6で破り、2連勝で勝ち点を獲得した。

 吉備国大は13安打と打線が奮起。5―6の八回1死一、二塁で菊池が同点適時打を左前に運び、さらに宇野が決勝の中犠飛を放った。一回は安藤、藤井の2連打など5長短打を集め、3点を奪って逆転するなど好機を生かした。開幕週で勝ち点を得るのは3季ぶり。

 初めて1部に臨む広島文化学園大は、昨秋優勝の東亜大に延長十回タイブレークの末に7―8で惜敗し、初勝利はならなかった。 <記事全文を読む>