西武は3日、12球団代表者会議の公式戦開幕無期限延期の決定を受け、10日以降に予定されていた練習試合の中止を発表した。チームは5日まで活動を休止。6日からは全体練習を行わず、自主練習に切り替える。

 飯田光男球団本部長は。代表者会議での決定に「お客さま、選手のことを考えると致し方ない。安全を無視して開催することはできない。皆さまに納得してもらう形ではないと開幕することはできないし、延期はやむを得ない。経営に影響が出ることは間違いないが、安全な状態でお客さまにプロ野球を見ていただく上で仕方がない」と安全第一を強調した。

 また報道陣に対しても、メットライフドーム、...    
<記事全文を読む>