プロ野球公式戦の開幕再延期に、横浜DeNAの三原一晃代表は「世の中の状況を鑑みると致し方ないという思い」と広報を通してコメントを発表した。

 「感染状況が明らかに変わりつつある。まん延期だ」。3日午前の「新型コロナウイルス対策連絡会議」。専門家の声色は危機感に満ちていた。「ペナントレースをしっかり成立させることが極めて重要」(三原代表)と12球団で一致していた全143試合実施は困難となり、無観客試合の可能性まで浮上している。

 仮に観客を入れることができても、感染リスクを抑えるための入場規制は避けられない。3万4千席に増えた横浜スタジアムを抱える球団に...    
<記事全文を読む>