プロ野球は3日、12球団代表者会議を開き、新型コロナウイルスの感染拡大で延期しているセ、パ両リーグ公式戦開幕を、目標としていた24日からさらに延期すると決めた。事実上の開幕「白紙」で、選手に与える心理的影響は計り知れない。

 それでも横浜DeNAの柴田竜拓内野手(26)は「自分たちでコントロールできない。いつ始まってもいいように準備する」。

...    
<記事全文を読む>