バレーボール男子日本代表の合宿に参加している東レのセンター李博とウイングスパイカー富田将馬(沼津市立高中等部出)が28日、三島市の東レ体育館で取材に応じた。東京五輪の1年程度の延期を受け、代表の座を巡るサバイバルレースはさらに混戦となる見通しだが2人は「食らいつく」と意欲を語った。
 セッター藤井直伸、センター高橋健太郎も含め東レ勢4人は、2月末から都内での合宿に参加。李と富田は27日に一時帰静し、週明けに再び合宿に合流する。矢島久徳強化委員長(三島市在住)によると、延期後の五輪に向けて再スタートを切った代表は、ネーションズリーグ(今夏開催見込み)を照準に4月22日まで合宿を...    
<記事全文を読む>