バレーボールV1女子の岡山シーガルズのマスコットキャラクターを車体にあしらったバスが岡山市内で運行されている。ホームゲームの会場にもなるジップアリーナ岡山(同市北区いずみ町)前を中心に走り、チームをPRする。

 岡山電気軌道(同市中区徳吉町)の路線バスで、チームカラーのブルーの車体に、カモメの女の子のマスコットキャラクター「ウィンディー」やチームロゴをデザインした。ウィンディーがスパイクやレシーブをする姿は選手たちが考案。練習や試合の際に使うチームの移動用バスにも同じ図柄が採用されている。

 ラッピングバスは、地域密着を掲げるシーガルズが、チームを多くの人に知っ...    
<記事全文を読む>