「低空飛行サーブ」。私のサーブは、そう呼ばれていました。自分のサーブが特別優れているなんて思ったことはありませんが、チームが困った時に「どうにかしたい」という思いは人一倍強かったと思います。

 ピンチサーバーとして出番に備え、一番いいサーブを打って相手のレシーブを崩すという、自分のやるべきことに一生懸命でした。

...    
<記事全文を読む>