バレーボール女子期待のアタッカー野中瑠衣(18)=秋田北高3年=が今春、五輪選手になることを夢見て学びやを巣立つ。中学、高校で世代別日本代表に選ばれた177センチのホープは、国内最高峰Vリーグ1部の名門日立で飛躍を期す。「まずは日立で先発の座を勝ち取りたい。信頼される選手になるように日々の練習に全力で向かう」と目を輝かせた。

 抜群のジャンプ力を生かした強烈なスパイクに目がいきがちだが、ブロック力、レシーブ力も備え総合的な能力の高さが魅力だ。

 精神的な強さも光る。昨年10月、全日本高校選手権(春高バレー)県予選でフルセットまでもつれた由利と...    
<記事全文を読む>