日本バレーボールリーグ機構(Vリーグ機構)が新型コロナウイルスの感染拡大を理由にVリーグ1部と2部の入れ替え戦を中止した決定を受け、試合に出場する予定だったV2のヴォレアス北海道のファンが、決定の撤回を求める署名活動をインターネット上で始めた。

 署名を呼び掛けるのはサツドラホールディングス(HD、札幌)で社長を務める富山浩樹さん。米国発のネット署名サイト「Change.org(チェンジ・ドット・オーグ)」で10日から始めた。サイト上で富山さんは「(選手の)努力が報われる社会を体現するため、スポーツに関わる組織として、模範的な行動を期待する」と訴える。

...    
<記事全文を読む>