日本バレーボールリーグ機構(Vリーグ機構)がバレーボールV2男子のヴォレアス北海道が出場するV1との入れ替え戦を中止にした決定をめぐり、ヴォレアスの運営会社の池田憲士郎社長ら4人が10日、旭川市内で開いた記者会見。エド・クライン監督は「来シーズンが開幕する10月までまだまだ時間がある。なぜ延期しないのか」とVリーグ機構の中止判断に疑問を投げ掛け、古田史郎主将は「ちゃんとした説明を。そこに尽きる」と、延期でなく中止したことへの不満をあらわにした。

■Vリーグ機構の判断疑問

 会見は午後2時から約1時間10分、旭川市内のホテルで行われた。池田社長、降旗雄平ゼネラルマ...    
<記事全文を読む>