延期される東京五輪の開幕日が来年7月23日に決まったことを受け、兵庫県などで開催される生涯スポーツの国際大会「ワールドマスターズゲームズ(WMG)2021関西」の組織委員会が31日、当初の計画通り来年5月14~30日に開催すると発表した。ただし、新型コロナウイルス感染症に終息のめどが立つことを前提としている。

 同組織委が発表したコメントでは、「東京五輪・パラの開催時期や競技会場とは重ならないものの影響には十分考慮し、競技団体や自治体などと具体的な協議を始めていく」とした。東京五輪と開催時期が近いため、競技審判やボランティアの確保などが懸念されるという。

 WM...    
<記事全文を読む>