2025年、「あすなろ国体」以来48年ぶりに青森県で開かれる第80回国民スポーツ大会(23年以降、国民体育大会から名称変更)。県は17年に県競技力向上対策本部を発足させて選手強化の基盤整備に努めているが、一部競技を除くと国体の青森県成績は低迷続きで、昨年の茨城国体の男女総合成績(天皇杯)は45位。東奥日報フカボリ取材班にも「強化は順調なのでしょうか」と、やや懐疑的な声が寄せられた。対策本部は20年度、選手強化に向けいよいよ本腰を入れる方針だが、思惑通り強化が進むかは未知数だ。

...    
<記事全文を読む>