射水市を練習拠点とする実業団女子ハンドボールチーム「プレステージ・インターナショナル アランマーレ」は、今季、日本ハンドボールリーグで過去最高順位の九チーム中六位だった。主将としてチームをまとめ、ゴールキーパー(GK)としても活躍した安田絢恵選手(25)にシーズンを振り返り、来季への意気込みを語ってもらった。(小寺香菜子)

 -順位をどう受け止めたか。

 目標はプレーオフ進出(四位以内)だったので、満足はしていない。人数が少ない中で調子が悪かったこともあったが、昨年まで最下位だったチームが六位まで順位を上げられたことは評価できる。

 -今季を振り返っ...    
<記事全文を読む>