日本オリンピック委員会(JOC)の強化センターに認定された、佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館フェンシング場。今春日体大を卒業し、中野建設(佐賀市)に入社するシニア国内ランキング9位の古田育男(22)は、真新しいこの施設を拠点に、国内トップ、世界を目指して腕を磨く。

 福岡県大野城市出身。もともとは野球部だったが、個人の適性に合ったスポーツを模索する福岡県の事業を通じて、中学時代にフェンシングに出合った。「瞬発系の動きが得意な方だった。個人の能力を生かせるのは1対1の競技かなと思った」。福岡魁誠高校で本格的に競技を始め、インターハイにも出場した。

 大学...    
<記事全文を読む>