東京五輪代表選考会を兼ねた日本水泳選手権大会(4月2~7日、東京アクアティクスセンター)が新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になったことを受け、初の五輪出場を狙う新潟医療福祉大職員の水沼尚輝(みずぬまなおき)(23)=真岡市出身=と同大の下山好充(しもやまよしみつ)監督(48)=栃木市出身=が26日、大学を通じてコメントを発表。水沼は「ポジティブに考えていく」と語った。

 前回大会の男子100メートルバタフライで優勝し、今大会も大会最終日の同種目にエントリーしていた水沼は、大会直前での中止決定に「独特な雰囲気の中、心技体を調整していた。中止と聞いて複雑な気持ち」と心境を...    
<記事全文を読む>