新型コロナウイルスの感染拡大で、東京五輪・パラリンピックの一年程度の延期と聖火リレーの中止が決まり、競技会場となっている県内の関係者からは、想定外の事態に驚きや残念がる声があった一方で、「あと一年で万全の準備を」と前向きな声も聞かれた。

 

 東京五輪・パラリンピックで七競技の会場となる幕張メッセ(千葉市美浜区)は、オリパラの開催延期が想定されている時期に例年開かれているイベントも多く、会場スケジュールの再確保に労力と調整が求められそうだ。

 幕張メッセは毎夏恒例の音楽フェスティバルやゲームイベント、株主総会など年間九百以上の催しに使われる。正式な使用予約の受け付...    
<記事全文を読む>