五輪延期方針に関し、2021年5月に兵庫県などで開催される生涯スポーツの国際大会「ワールドマスターズゲームズ(WMG)2021関西」の組織委員会が25日、コメントを発表した。予定通り準備を進めているとしつつも、「関係団体とも十分見極める」とした。

 WMGは生涯スポーツの祭典として1985年に始まり、2005年以降は五輪・パラリンピックの翌年に開催してきた。10回目となる関西大会は来年5月14~30日に開かれる。

 現時点ではコメント通り、日程を変更せずに実施する方針だが、五輪・パラとの同年開催について影響があるかどうかの聞き取りを開始。同組織委は「五輪・パラの...    
<記事全文を読む>