全日本柔道連盟の中里壮也専務理事は25日、全日本選抜体重別選手権(4月4、5日、西日本新聞社など共催)を予定通り開催し、1年程度の延期が決まった東京五輪の男子66キロ級代表を選ぶ考えを示した。

 既に代表に確定している男女13階級も含めて再選考する意見もあるが「選考の内規を変えなければならず(法的に妥当かどうか確認する)リーガルチェックをしないといけない。(同選手権開幕前の)来週金曜までに決めるのは無理で、今の内規がある限り(男子66キロ級も)選考せざるをえない」と説明した。

 ただし4月をめどに理事会を開き、五輪代表を確定させるか、再選考するかについて議論する...    
<記事全文を読む>