東京五輪の1年程度の延期が決まってから一夜明けた25日、茨城県は、サッカー競技会場や他国の事前キャンプに関する調整など、今後想定される課題の整理に取り掛かった。開幕までの時を刻んでいた県庁のカウントダウンボードなどを撤去。先の日程が不明のまま関係各所に延期を伝える連絡にも追われた。

県オリンピック・パラリンピック課の鷹羽伸一課長は「具体的な日程が決まらないと何も対応が決められない。今できることは、とにかく想定し得る課題の整理だ」と話した。サッカー競技会場の県立カシマサッカースタジアム(鹿嶋市)の使用についてJリーグなどと調整が必要で、15競技でひたちなか市や水戸市内を拠点に事...    
<記事全文を読む>