新型コロナウイルス感染拡大による東京五輪の1年程度の延期方針が24日、決まった。具体的な日程や選手選考方法などの見通しが不透明な中、静岡県の関係者らはさまざまな思いで受け止めている。
 卓球男子団体代表の水谷隼(30)=木下グループ、磐田市出身=の父信雄さんは「再選考しないと言ってくれてありがたい。経験があるので、調子をどう維持するかは分かっていると思う」と話す。五輪で優位なシードを獲得するため、世界ランクを上げる戦いが1年間続く。母万記子さんは「今までとは違う重圧が掛かる。皆さんの応援で背中を押してほしい」と願った。
 陸上では東洋大3年の川野将虎(21)=御殿場...    
<記事全文を読む>