東京五輪が1年程度延期される方針が固まった24日、兵庫県内では「仕方ない」と理解を示す声が上がる一方、チケット購入者からはため息が漏れた。開催時期など不透明な状況は続く。主役となるアスリートたちは不安を抱きつつも、「強くなる時間」と前を見据えた。

 五輪代表が内定している柔道女子52キロ級で金メダルが期待される阿部詩選手(19)=日本体育大。夙川高時代に指導し、今も稽古をつける同校柔道部コーチの垣田恵佑さん(29)は「イタリアなど他国の状況を見ると通常開催は無理。延期は仕方ない」と受け止める。

 阿部選手はこの日、母校で練習しており、垣田さんは相手を務めた。「詩...    
<記事全文を読む>