鈴木英敬三重県知事は23日の定例記者会見で、来年に開かれる三重とこわか国体・三重とこわか大会(全国障害者スポーツ大会)の炬火(きょか)リレーで使用するトーチは津市在住のデザイナー、鈴木真梨子さん(36)のデザインに決まったと発表した。

 県は昨年6―9月にトーチのデザインを募り、5―84歳まで1922点の応募があった。33点にしぼった上で、両大会実行委員会の式典専門委員会が最優秀賞1点と優秀賞2点を選んだ。

 最優秀賞に選ばれた鈴木さんの作品は高さ73センチ、直径12センチで、紅白を基調としたデザイン。上部は県内の海や山を表現し、中心から持ち手の部分は伝統工芸品...    
<記事全文を読む>