アーチェリーの東京五輪代表第2次選考会は最終日の22日、静岡県の掛川市つま恋リゾート彩の郷スポーツ広場で行われ、4月11、12日の最終選考会に進む男女各5人が決まった。2012年ロンドン五輪銀メダリストで5大会連続の五輪出場を狙う古川高晴(青森東-近大出、近大職)は1323点(1440点満点)を獲得、男子の出場選手6人中トップで最終選考会進出を果たした。

...    
<記事全文を読む>