アーチェリーの東京五輪代表2次選考会第1日は21日、掛川市のつま恋リゾート彩の郷スポーツ広場で男女各8人が出場して行われ、男子は2012年ロンドン五輪銀メダリストで5大会連続出場を狙う古川高晴(近大職)ら上位6人が22日の最終日に進んだ。
 女子はロンドン五輪団体銅メダルの早川漣(デンソーソリューション)、17歳の園田稚(東京・足立新田高)らが進出。県勢は18年ジャカルタ・アジア大会混合リカーブ金メダリストの杉本智美(ミキハウス、浜松商高出)は7位で落選した。山内梓(近大、浜松商高出)は6位で通過した。最終日の上位5人が4月の最終選考会に進む。
 新型コロナウイルス...    
<記事全文を読む>