2月末にドイツ・ベルリンで開催された自転車トラック競技の世界選手権「2020UCIトラック選手権大会」の女子オムニアムで、日本人初の優勝を果たし、東京五輪代表をほぼ確実にしている和光市出身で、筑波大4年生の梶原悠未(ゆうみ)さん(22)=筑波大付属坂戸高卒=が17日、和光市役所を表敬訪問し、松本武洋市長に同大会の優勝を報告し、五輪への抱負を語った。

 梶原さんは同市内の小、中学校は水泳競技で活躍し、高校から自転車競技に転向した。トラックを周回するなど4種目のポイントで順位を競う「オムニアム」で、16年からアジア選手権4連覇を達成。19―20トラックワールドカップは、第3戦と...    
<記事全文を読む>