東京五輪の聖火リレーについて、県実行委員会は、実行委枠で走る四十三人・一団体のランナーが走る市町を発表した。県内でリレーを行うのは、五月二十八~二十九日の二日間。

 PRランナーでは、出発地点となる高島市で、歌手の西川貴教さんが走る。初日はそのほか、元WBCバンタム級王者の山中慎介さんが出身地の湖南市を、JRA騎手の武豊さんが三歳時から育った栗東市を走り、バレーボール女子Vリーグの東レアローズの十選手は、拠点とする大津市で聖火をつなぐ。

 二日目は、甲賀市でバドミントンの元五輪メダリスト垣岩令佳さんと、パラトライアスロン選手の宇田秀生さんが走る。スキーモーグル三...    
<記事全文を読む>