2月に行われた重量挙げの全日本ジュニア選手権女子55キロ級で銀メダルに輝いた明石南高の木村咲紀。新年度から早大に進むホープは「もっと体重を増やして筋力をつけたい」と、新天地での飛躍を誓う。

 中学時代はバスケットボール部で両親に勧められ高校から競技を始めた。「しんどいトレーニングや練習をするのが嫌いじゃない」と地道に力をつけ、昨春の全国高校選抜大会を制した。

 高校最後の主要大会となった全日本ジュニア選手権ではスナッチ2本目で78キロの自己ベストを成功し、3本目に日本高校新記録の81キロに挑戦したが惜しくも失敗。「真っすぐ引けたのに苦手なキャッチで落としてしまっ...    
<記事全文を読む>