日本車いすテニス協会と九州車いすテニス協会は19日、福岡県飯塚市で4月21~26日に開催予定だった「天皇杯・皇后杯第36回飯塚国際車いすテニス大会」について、中止または延期にすることを明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国際テニス連盟(ITF)が日本時間の19日午前、連盟公認の大会について6月8日まで行わないよう発表したことを受け、関係機関と最終的な協議を進める。

 今大会は、8月25日に始まる東京パラリンピックの前哨戦として注目を集めていた。大会事務局によると、日本代表に内定している国枝慎吾、上地結衣両選手ら世界ランキング上位の選手を含め、18カ国・地域の1...    
<記事全文を読む>