2月に岐阜県羽島市で行われたテコンドーの東京五輪代表最終選考会。男子58キロ級で切符をつかんだのが川崎市生まれの鈴木セルヒオ(25)=東京書籍=だ。家族とともに5歳で渡ったボリビアで競技と出合い、本場韓国でもまれて力を付けた。同68キロ級の弟、リカルド(19)=大東大=とともに挑む初の大舞台。狙うのはもちろん、そろっての金メダルだ。

 勝つか負けるかで人生が変わる。一つの椅子を懸けて死に物狂いでぶつかる最終選考会。勝ち上がりは苦闘の連続だった。

 準決勝は延長ラウンドまでもつれ、決勝もひりつくような競り合いだった。8─7で迎えた最終第3ラウン...    
<記事全文を読む>