アーチェリーの東京五輪代表2次選考会が21、22日に掛川市で行われる。新型コロナウイルスの影響により無観客で開かれ、男女各8選手の上位5人が4月の最終選考会に進む。女子のエースとして期待されるのが、世界ランキングで日本勢トップの4位につける杉本智美(ミキハウス)だ。「力の差はほぼない。発揮できるかどうか」と表情を引き締める。
 25歳の杉本は2018年のジャカルタ・アジア大会混合リカーブで古川高晴(近大職)と組んで金メダルを獲得した。昨年のワールドカップ(W杯)上海大会では2位。中学ではソフトボール部で捕手を務め、しっかりとした下半身から安定した矢を放つ。
 進学し...    
<記事全文を読む>